住宅ローンやリノベーションのお役立ち情報サイト

フラット35を取り扱う銀行


八千代銀行

住宅ローンでは、八千代フラット35、女性専用住宅ローンプリンセスなどを扱っています。

フラット35には、フラット35プラスがあり、フラット35と変動金利型を併用することができます。

繰り上げ返済の際の手数料が無料もしくは、八千代ハウスサポートサービスという緊急時に駆けつけてくれるサービスのどちらかを特典として選ぶことができます。

八千代おてがるローン、ほっとプランがあります。

八千代お手軽ローンは、最長20年、最高1000万までの融資、ほっとプランは最長15年、最高1000万までの融資となっています。

素敵な我が家、ちょっとした増改築などに気分一新があります。



りそな銀行

住宅ローンでりそな銀行を検討されている方、または住宅ローンについてこれから調べようと考えている方にお勧めしたい商品があります。

りそな住宅ローン「フラット35」で、りそな銀行でもお勧めとしている商品です。

新築、中古住宅の購入に適用できるもので、残念ながら借り換えやリフォームは対象外となります。

返済期間中、融資を受けた時の金利のまま返済が続くので、返済額やローン完済金額が変わることがありません。

住宅ローンでりそな銀行のフラット35を利用する場合、年収に対しての条件もありますので、詳しい内容は窓口で相談するといいでしょう。



住宅エコポイントの申請

工事証明書を発行するのは工事施工者、領収書あるいは契約書を発行するのは工事施工者か販売事業者となります。

ちなみに確認済証のみならず、エコポイント対象住宅証明書、領収書あるいは契約書、コピーで構わないことになっています。

エコポイント対象住宅証明書については、トップランナー基準をクリアした住宅は「住宅事業建築主基準に係る適合証」を代用しても良いこととされています。

省エネ基準を木造住宅は「設計住宅性能評価書か建築住宅性能評価書(省エネルギー対策等級4)のどちらか」「長期優良住宅建築等計画認定通知書」「長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証」「住宅事業建築主基準に係る適合証」「フラット35S適合証明書」の代用が可能となっています。

工事証明書と領収書を発行するのは工事施工者であり、領収書についてはコピーでも問題ありません。

リフォームはメーカーによる「性能証明書」が、その他の断熱工事は卸業者などによる「納品書」や「施工証明書」が必要となります。


関連記事


住宅ローンの借り換え費用とは

今は低金利という住宅ローンを利用する方が増えています。 ローンを、給料体系が変化しているのに払い続けなければならないという負担はものだと言えます。 住宅ロー...


アンティークの家具なら

室内の大掃除では家具のお手入れもします。 家具には手垢やホコリなどがついています。 家具なら、きちんとしたケアをすることで長く使うようにしましょう。 汚れ...


AX